漆・漆芸材料(漆工材料)と貝(螺鈿 らでん)のことならお任せ下さい。カルチャーの方からプロの方まで漆工に関する技術、情報をやさしく、丁寧にご案内いたします。

お気軽にお問合せください

03-3848-2141

FAX

03-3889-3227

田中製漆刷毛(たなかせいうるしばけ)

2009_0609HP用写真20003.jpg

女性の髪の毛を藁灰汁で洗浄し、選り分けして後、良質の毛を漆にて固めて乾燥し、檜の薄板で包み込んで作ります。使用する髪の毛の中でも赤毛のものが良質です。

現在では漆刷毛を製作する職人の方も少なくなり、田中信行さんが製作した刷毛です。

本通し、半通し、改目通し(あらためどおし)、1/3通し、切出し、立交(たてまぜ)、胴摺(どうずり)、など毛の長さや使用方法により様々な刷毛があります。

本通し(ほんとおし)毛先から最後まで毛が通してあります。
半通し(はんとおし)毛先から半分位まで毛が通してあります。
改通し(あらてめとおし)下塗り専用の刷毛です。本通しになっています。
立交(たてまぜ)髪毛の上下を馬毛ではさんだ、腰の強い、粘い漆用の刷毛。
馬毛胴摺(うまげどうずり)

木地に漆を摺り込む時に使用します。馬毛で作られています。

赤毛胴摺(あかげどうずり)木地に漆を摺り込む時に使用します。人髪で作られています。
目立て(めたて)刷毛目塗り用の馬毛の刷毛です。
鎌倉1/3通し(かまくら)鎌倉で愛用されている1/3通しの刷毛です。
切出し(きりだし)初めから毛先がほぐしてあり、すぐに塗ることができます。

2009_0609HP用写真20004.jpg

毛先がほぐれています。

一般的には新調の刷毛や摩滅した刷毛は切出してから使用しますが、初めての方は最初から切出された切出し漆刷毛を使用するのも良いでしょう。

商品のご注文、ご相談はお気軽に

当社の商品をご希望の方は、まずは価格表をご請求ください。
メール、電話、FAX、ハガキなどお客様の一番便利な方法で承ります。
また、海外にお住まいの方にもご発送します。

ご注文は小売りもしておりますので、一つからでも承りますが、ご発送は代引きまたは、ご入金確認後となりますのでご了承ください。

また、漆に関するご質問、ご相談もお待ちしておりますのでお気軽にお問合せ下さい。どのようなことでもやさしくお応えしますのでよろしくお願いします。

お電話でのお問合せはこちら

03-3848-2141

FAX:03-3889-3227